せとうちパレット

LOADING..

2019.10.16

  • 宿泊
  • CREATION

歴史的建造物をリノベーションし、
竹原のまち全体がひとつのホテルに。

江戸時代から塩業で栄え、塩田をもつ「浜旦那」が活躍し、文化的にも発展した広島県竹原。そんな竹原のまちをひとつのホテルと見立てた「分散型ホテル」が開業しました。

まちに暮らすように泊まる
分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」。

JR竹原駅から徒歩10分程度のところにある重要伝統的建造物群保存地区「たけはら町並み保存地区」。この町並みを生かした新たな観光資源として、この一角に、古き良き佇まいを残した歴史的建造物をリノベーションしたホテルを開業いたしました。フロント・レストランと客室をまちに点在させる「分散型ホテル」として、竹原のまちをひとつのホテルと見立てています。
フロント棟でチェックインをすませ、商家や町屋がならぶ歴史情緒あふれる道を歩きながら宿泊棟へ。元旅館や蔵などが元となった客室は、それぞれに趣が異なります。歴史や文化に触れながら、まちに暮らすように泊まる体験をお愉しみいただけます。

HOTEI 棟
昭和50年頃まで料亭として営業していた「旧水儀本店」。フロントとダイニングとして蘇らせました。

MOSO 棟
「旧芸備銀行(現広島銀行)」として明治期に建てられたあと、「水儀旅館」として営業していました。銀行と旅館、2つの面影を残すユニークな宿泊棟です。

INFORMATION

◆分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」

住所
広島県竹原市本町1丁目4-16
アクセス
JR竹原駅より徒歩約10分
URL
https://www.nipponia-takehara.com

シェアする

※写真はすべてイメージです。

TOP