せとうちパレット

LOADING..

2020.07.10

  • cruise
  • creation

2020年夏、運航開始!
瀬戸内 観光型高速クルーザー
「SEA SPICA(シー スピカ)」
運航コースおよび運航日・ダイヤ等が決定!

JR西日本グループおよび瀬戸内海汽船グループは、瀬戸内の多島美をよりぜいたくに、またより多くのお客様にお楽しみいただけるよう、島めぐり観光に最も適した新しい観光型高速クルーザー「SEA SPICA(シースピカ)」の導入を進めています。2020年夏の竣工・お披露目を目指します。この度「瀬戸内しまたびライン」として運航するコースおよび運航日・ダイヤ等が決定しました。

鉄道と船を組み合わせた
新しいせとうち周遊ルートが誕生します!

JR西日本グループおよび瀬戸内海汽船グループは、瀬戸内が多くのお客様に繰り返し訪れていただける一大周遊エリアになることを目指し、これまでになかった観光型高速クルーザーを開発・導入の計画を進めています。これにより、鉄道と船舶を組み合わせた新たな観光周遊ルートが、せとうちエリアに誕生します。2020年夏の竣工、お披露目を目指します。
また同年秋の「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」の開催をにらんで、瀬戸内の多島美をよりぜいたくに、またより多くのお客様にお楽しみいただけるよう、島めぐり観光に最も適した専用船で、船舶自体も魅力的なものにしていく予定です。

コンセプトムービー

■ 船舶名称
「SEA SPICA(シー スピカ)」

SPICA(スピカ)は、おとめ座で最も明るい恒星。春の夜に青白く輝き、夜空に春の大曲線を形成する一等星のひとつで、日本では真珠星と呼ばれています。瀬戸内の青い海の上で、美しい輝きを放ちながら人を自由で開放的な旅に誘う船。それが瀬⼾内観光型⾼速クルーザー「SEA SPICA」です。

ロゴマークは、船名の「SEA SPICA」由来でもある、 乙女座・春の大三角形を構成する真珠星=SPICA(スピカ)と 瀬戸内海の島々を結ぶ航路を重ね合わせて表現しております。

■船内設備

<1F>

旧来の高速船とはまったく異なる、特注のソファ型の座席を導入し、各席にはテーブルやドリンクホルダーも設置しています。また、窓からの景色を多くのお客様にお楽しみいただけるような工夫として、窓側の座席を少し外側に傾け、背もたれもやや低くしています。

※イメージのため、実際とは異なる場合があります。

●1階キャビン最前面部に設置の4面マルチディスプレイには、2階操舵室設置のカメラからの映像を投影することで、船長目線の前面眺望を楽しむことができます。  
●立ち寄り観光地やビュースポットに近づくとマルチディスプレイに、その場所の歴史や魅力の紹介動画が流れ、お客様のワクワク感を醸成します。
●船内には瀬戸内海を知り尽くしたコンシェルジュが同乗し、島々の魅力や歴史を解説するので、せとうちの魅力を目で楽しむだけでなく、耳で聞きながらも楽しめます。

<2F>

2階のスピカテラスには、せとうちの島々をイメージした形のソファーに加えてカウンターテーブルを設置することにより、開放感を感じながらゆったりと瀬戸内海の景色を楽しめます。また、足の不自由な人にも上がっていただけるよう昇降機を備え、バリアフリーにも配慮しています。

※イメージのため、実際とは異なる場合があります。

<座席レイアウト>

●90名程度の着席定員を予定しています。バス2台分のお客様にご利用いただくことができ、旅行会社様のチャーターにも適しています。
●Wi-FiやAC電源はもちろん、訪日外国人の旅行者にも対応できる高音質・高画質の案内設備を設け、お土産物の販売なども行う予定です。
●おむつ交換台もある多目的トイレ、女性専用トイレ、2階デッキに上がるための昇降機を設置し、様々なお客様に瀬戸内海の船旅を楽しんでいただけます。

デザイナー

◆川西 康之(かわにし やすゆき)氏
建築家、デザイナー。イチバンセン代表取締役。
1976年奈良県生まれ。2014年に株式会社イチバンセン ICHIBANSEN 設立。土佐くろしお鉄道 中村駅リノベーションやえちごトキめき鉄道 雪月花をはじめ受賞多数。2020年春運行開始予定の「WEST EXPRESS 銀河」のデザインも手掛ける。

■ 航路名称
瀬戸内しまたびライン(Setouchi Shimatabi Line)
■ 運航エリア
広島港(宇品)と三原港を結ぶ、とびしま海道・しまなみ海道エリア(芸予諸島エリア)

運航:瀬戸内シーライン株式会社(瀬戸内海汽船グループ)
船舶所有者:独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)及び株式会社瀬戸内島たびコーポレーション
造船所:瀬戸内クラフト株式会社

運航コース表

立ち寄り観光地

瀬戸内に浮かぶ「うさぎ島」として有名な大久野島。うさぎ島と呼ばれるだけあり、生息するうさぎは900羽以上と言われており、島内の各所でうさぎと触れ合うことができます。かつては毒ガス工場が存在しており、国が発行する地図からも削除された島でした。島内には、その当時の遺構も残っており、独特の雰囲気を醸し出しています。

しまなみ海道のほぼ真ん中に位置する生口島。国産レモン発祥の地と言われる日本有数のレモン生産地で、島内ではレモン畑を各所で見ることができます。島内には西日光と呼ばれている耕三寺があり、敷地内には真っ白な大理石庭園の未来心の丘もあります。また、島内ではレンタサイクルの貸し出しも行っており、生口島と大三島を結び中間地点には県境がある多々羅大橋を渡るミニサイクリングを行うことも可能です。

安芸灘とびしま海道1番目の島である下蒲刈島。朝鮮通信使が来日した際に藩の玄関口として大歓迎をした島です。松濤園の中には、ユネスコ「世界の記憶」に登録された資料も残されています。また、島内には松濤園以外にもさまざまな施設があり、その施設の中の1つである「白雪楼」では、眼下に瀬戸内海の穏やかな風景を見ながら抹茶をいただくことができます。

安芸灘とびしま海道4番目の島である大崎下島にある御手洗の町並み。江戸時代の面影が残る風待ち・潮待ちの港町です。町並みには大小の商家、茶屋、神社、防波堤などが残されています。歴史の見える丘公園からは瀬戸内の多島美を写真に残すことができます。船宿をリノベーションしたカフェもあり、おしゃれにゆったりと島時間を過ごすことができます。

運航日・販売方法

(1)9月2日(水)~9月30日(水):団体ツアーの予約日に運航します(火曜日を除く)
主な旅行会社で団体ツアー専用商品として順次発売を予定しております。
※エリアによって発売のない場合もございます。

(2)10月2日(金)~12月14日(月):月曜日・金曜日・土曜日・日曜日に運航
団体ツアーのお客様だけでなく、主な旅行会社から個人旅行利用のお客様向けオプションツアーとしても発売します。また、e5489と組み合わせた商品や、瀬戸内海汽船トラベルHPでも発売予定です。個人利用のお客様向け料金は、広島港-三原港:約6,000円で検討しております。
※各区間の料金や購入方法等の詳細が決定しましたらお知らせさせていただきます。

STU48が「SEA SPICA(シー スピカ)」の
アンバサダーに就任!

■ STU48とは

・国内6番目のAKB48姉妹グループとして2017年3月に誕生。
・「瀬戸内」エリアを本拠地とし、「1つの海、7つの県」を中心に活動するAKB48グループ初の広域アイドルグループ。
・瀬戸内(SeToUchi)の頭文字からSTU48(エスティーユー フォーティーエイト)と命名される。
・瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルで、歌とダンス・トークから構成される公演を各港で展開中。

MAP

シェアする

※写真はすべてイメージです。

TOP