せとうちパレット

LOADING..

2021.03.02

  • suooshima
  • action

周防大島の
SNS『映え』ポイントをめぐる
SPECIALツアー開催!

温暖な気候や美しい景色が、「瀬戸内のハワイ」とも呼ばれる山口県・周防大島。SNSや書籍で大人気の『絶景プロデューサー』詩歩さんが訪れ、Instagramに投稿した、絶景スポットをご紹介!このスポットをめぐる特別なツアーも開催します!

詩歩(しほ)

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー
1990年生まれ。静岡県出身。世界中の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営し、70万以上のいいね!を獲得し話題に。 書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」シリーズを出版し累計63万部を突破。アジア等海外でも出版される。昨今の”絶景”ブームを牽引し、2014年は流行語大賞にノミネートされた。 現在はフリーランスで活動し、旅行商品のプロデュースや企業とのタイアップ、自治体等の地域振興のアドバイザーなどを行っている。浜松市観光大使。

●Facebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 」www.facebook.com/sekainozekkei
●Instagram @shih0107 https://instagram.com/shih0107/
●ブログ「Shiho and…」
http://shiho.me/






○周防大島の絶景ポイント5選

1.干潮時にだけ現れる
「神秘の道」を渡る 『真宮島』

干潮時にだけ、本島の屋代島から沖に浮かぶ真宮島への「神秘の道」が現れる不思議なスポットです。ドローンでの撮影ポイントとしても人気上昇中です。



2.海抜0メートルで眺める天の川
『星のビーチ』

周防大島観光協会も一押しの、とっておきの星空スポットをご紹介。周防大島町和佐出身の作詞家、星野哲郎さんゆかりのビーチです。星が描かれた防波堤には、穏やかな浜辺を守るように星形の風向計のモニュメントが。海抜0メートルで天の川が見れるところは珍しく、ホテルからも近いので安全に撮影することができます。



3.蒼い海を額に飾られた絵のように楽しむ『パワービーチ』(カフェ)

周防大島の海沿いには、おしゃれなカフェがたくさん。カフェ「パワービーチ」の窓から見る蒼い海は、額に飾られた一枚の絵のようで、 SNS映え抜群です。



4.美しい朝日に感動!周防大島の『嚴島神社』

4.美しい朝日に感動!
周防大島の『嚴島神社』

『嚴島神社』といえば広島・宮島が有名ですが、周防大島にもその名を持つ神社があります。天保年間(1830年~1842年)、大水無瀬島の嚴島神を迎え祭ったのが始まりとされています。昇る朝日に照らされる鳥居は、ひとしおの美しさです。



5.自然が織りなすパワースポット『巌門』で
エネルギーチャージ

荒波が作ったアーチが見られる「巌門」は、四つの奇岩を巡り幸せを祈願する「しあわせ祈岩」のひとつとして、島のシンボルにもなっています。プライベートビーチのようなゆったりとした雰囲気を楽しみながら、パワースポットのエネルギーを感じて。



撮影スポットはこちら!



このスポットをスマートにめぐる特別なツアーを開催!






詩歩さんがInstagramに投稿した他のスポットもチェック!

詩歩さんInstagramはこちら

※Instagramの閲覧には、アカウントログインが必要です。






MAP

シェアする

※写真はすべてイメージです。

TOP